旅行先でもマナーをしっかりと

旅は普段の生活とは違うからといって、マナー違反をする人が度々見られます。ごみのポイ捨てなどは昨今あまりしなくなったとはいえ、案外旅行先での服装のマナー違反というのが日本人観光客でもあります。旅行を楽しむためにもその場その場に相応しい服装を心がけることが重要です。例えば最近ブームのクルージングでドレスコードが指定されているディナーの席で、Tシャツと短パン姿というのも明らかにマナー違反です。こういった席で家族で旅行をしている場合に、一人だけ軽装ですと一緒にいる家族にも恥をかかせてしまいます。せっかく非日常を味わえる豪華クルージングの旅ですので、家族一緒にイブニングドレスや男性ならネクタイをしてスーツを着る、日本人なら着物を着てみるのも、旅を一層楽しくしてくれる服装と言えるでしょう。日頃着ないような服装をする方が楽しめる旅もあります。反対に、登山旅行に出かけているのにヒールのある靴で山を登ろうとする女性もいるようです。見た目以前の問題で山に登るのにヒールがある靴を履いているとけがをする恐れが十分にあります。登山やウォーキングをする旅行では、事前にどんな服装がマナー違反でないか確認しておくことで、より楽しい思い出が出来ることでしょう。

バックナンバー

旅行の基礎情報

新着情報

↑PAGE TOP